すごい!と思われるには

 

「相手にまず聞くことがうまくいくコツ」

 

 

ずいぶん前ですが。

 

 

いろんな肩書きの方が(忘れた)

 

テレビで高校生だったかの前で

 

授業(人生論みたいな)されてて。

 

 

 

で、高校生、反発する反発する

 

(笑

 

 

 

「離婚されたけど、その後・・・・」

 

 

と言う話をすれば(そこはほんの一部です)

 

 

 

 

 

高 「離婚されたけどって

 

けどって離婚を悪いイメージで捉えてる!(`Δ´)」

 

とか

 

 

 

 

そこかよ~~!

 

 

ってなわけで。

 

 

まあ、高校生って

 

大体そおいうお年頃なんかもしれんが。

 

 

 

 

で、それをモニターで観ていた

 

 

芸能界の神(いや人間界も含む?)

 

 

美輪明宏(さま)。

 

 

 

それで最後、美輪さんの出番に。

 

(高校生、贅沢ね~)

 

私、好きなんですよ。美輪さん。

 

マツコさんも好きだし、おすぎとピーコも♪

 

。。。笑

 

 

 

 

 

美輪さんは、

 

この、揚げ足ばかり取る高校生の前で

 

一体、なにをテーマにしゃべるのだろう~?

 

 

 

と興味深く見ていると。。。

 

 

 

壇上にあがるやいなや、

 

 

美「で、なにを聞きたい?

 

(ほほえむ)」

 

 

 

 

一言~~~!!!

 

 

 

さすが神~~~!!!(笑

 

 

 

 

美輪さん準備はしてたと思うのよ。

 

 

だけど、こおいう状況下では

 

 

それは逆効果となると踏んだんだと。

 

※たぶん後でそお言ってた気がする。

 

 

 

 

しかしながら、「何を聞きたい?」って

 

すべて、答えられる自分じゃないと

 

発せられない言葉でもある。。。

 

 

 

 

美輪さんは最後にアカペラで

 

うたを歌って終了、

 

 

後ろの席で斜め体制で座ってた高校生、

 

 

 

 

「・・・・美輪さん、すげかった~

 

特に最後のうた・・・・」

 

と言ってましたね。

 

 

 

そのうたもただ、歌うだけでなく

 

ちゃんと説明してから歌い上げたのだけど、

 

その説明がまた、惹きつけるのうまいのよお~。

 

 

「日本語訳ではこういう風になってるけど、

 

本当は・・・・」という感じで。

 

 

話せば長くなるけど(笑

 

 

 

 

 

そこまでできなくても

 

 

そこのプロとして活躍されてる方は

 

大体、「聞く体制」ですね。

 

 

 

 

べらべら自分のことをしゃべらない

 

ひとばかり。

 

 

聞かれて初めて答える感じ。

 

 

 

相手ありきのスタンスなんですよね。

 

 

(とはいえ、自分はいいからひとのこと・・・・

 

というスタンスとは違いますけれど)

 

 

 

 

そおいえば、昔~

 

同じセリフを言われたことがあった。

 

 

自閉症支援と言えばこの先生、

 

プロフェッショナル仕事の流儀にもお出になられた、

 

服巻先生に。

 

 

「で、なにを聞きたいの?^^」と。

 

 

 

※服巻先生についてはまだまだ書きたいことありますが。

 

 

 

 

 

すごい!と思われなくてもいいけれど、

 

人間って自分のことを聞かれると

 

嬉しいものなんだと。

 

 

 

自分のことをちゃんと認めてくれてる感があります。

 

 

なので、自分の主張をしたいなら

 

「相手にまず聞くことがうまくいくコツ」

 

 

だよなとつくづく。

 

 

 

 

私もつい、先走って主張してしまうのだけれど、

 

あ~イカンイカン。と気をつけながら

 

修正中。

 

 

※いつもじゃないよ~~

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

ブログランキング ブログパーツ