人前で話すのが苦手を克服するには?

 

人前で流暢に話せるひとがいます。

 

 

物怖じせずに楽しく自己紹介できるひとがいます。

 

 

 

そんなひとと比べて

 

自分はダメだ~~と思っていませんか?

 

 

 

主張したいものがないのかもしれません。

 

だから人前で何を話せばいいのか?

 

と思う。

 

 

 

 

話さなければいけなくなれば

 

人前苦手・・・・、話すの苦手・・・・

 

とか言ってられなくなります。

 

 

 

 

私は昔も今でも苦手。ずっとです。

 

 

自己紹介とかも苦手。

 

 

 

だけど、やらなきゃいけないときには

 

いやでもやらなきゃいけない。

 

 

 

 

 

苦手 ⇒ だけど話さなきゃ!

 

 

伝えたい!

 

と思える内容のものが

 

あるかどうかではないかなと。

 

 

 

で、頑張って話(例えば意見を言う)

 

をしたところで

 

 

「よく頑張ったね!

 

あなたの言うとおりだから

 

その意見賛成♪」

 

 

とかには大体なりません。

 

 

 

 

私なんて過去に何回

 

ボロクソ言われたことか・・・・。

 

 

 

それでも言わなければいけないことって

 

あるんです。

 

 

強いからできるわけじゃない。

 

 

 

ないってひとは現状が変わらなくてもいい

 

と思ってるひと。

 

 

 

 

ボロクソ言うひとも

 

なにも言わないひとより100倍まし。

 

と今は思っています。

 

 

 

私の意見に対して、

 

自分の意見を言ってくれてるのですから。

 

 

そして、言わないことは

 

反対意見も出ませんが、

 

協力者も現れません。

 

 

 

ありがたいことに

 

ものすごく少ないですが、

 

協力してくれるひとって現れるんですね。

 

 

 

そのひとをきっかけに現状から突破していけたり。

 

不思議と。(それが幸運)

 

 

 

 

 

それに比べたら自己紹介なんて

 

おままごとのようなものだと思えばいい。

 

 

苦手ですけどね。

 

 

 

 

「人前で話すのが苦手を克服するには?」

 

という題材にしといてナンですが、

 

 

苦手は克服しなくてよいんです。

 

苦手は苦手なんだから。

 

 

苦手だからどうする?

 

と考えればいいんです。

 

 

 

 

 

【自己紹介】だと、

 

 

あなたという人物はどんなひとですか?

 

 

と聞かれてることなんですよね。

 

 

 

だからこんなひとです。

 

 

と答えるだけでよし。

 

 

 

簡単に思えてきません?

 

どんなひとか言うだけです。

 

 

 

楽しいひとなら楽しくいえばいいし、

 

落ち着いてるならそれをアピールすればいい。

 

 

 

ヘタにウケ狙いしなくっても

 

いいんですよ。

 

 

お笑いのオーディションじゃないんだから(笑

 

 

 

 

教えてるひとが、

 

楽しいひとと思われるようにしなきゃダメとか

 

明るいひとに思われるようにしなきゃダメとか

 

言ってるから自分にないものを出そうと無理して

 

 

後々辛くなる。

 

 

 

ないものを出すのではなく

あるもん出せばいいんです。

 

 

大体、終始明るいひとってずっといると疲れます。

 

 

それぞれ、マイナスもプラスもあるんですよね。

 

 

 

 

 

 

それにひとの自己紹介って

 

基本、内容覚えてません。

 

 

 

 

覚えてますか?

 

覚えてないでしょう。

 

 

○○な雰囲気だとか

 

長く話すなー。

 

とかだけでしょう。

 

 

そんなもんですよ^^

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

ブログランキング ブログパーツ