心と外見はつながっている?

 

 

外見はつながっている。

 

 

 

私の視点からすると、

 

ある意味そうで、

 

ある意味そうではないかなと。

 

 

 

だから私は

 

そのひとの外見より

 

中身を見るようにしています。

 

 

 

外見と心、または外と中、

 

つながっている部分はあります。

 

 

でも、関係ない部分もあるんですね。

実はここが一番大事~♪

 

 

 

おしゃれを超意識的ににやってみて

 

わかったことでもありますが。

 

※昔からおしゃれは好きでした。

 

 

 

 

おしゃれを満たすと

 

心も満たされる?

 

 

 

わたしの答えは

NO~なのです。

 

 

 

満たされた気はします。

 

自己肯定が上がった気はします。

 

 

気分があがる

 

 

でも、今考えてみると

 

自己肯定は上がっていませんでした。

 

 

 

今考えると、

 

上がった気がしただけ

 

だったのです。

 

 

 

パーティーや特別な日なんかで

 

シャンパン飲むのと似てるかも。

 

 

 

その場の雰囲気で気分があがるのと

 

自己肯定があがるのとでは違うのです。

 

※自己肯定があがる=自己肯定の泉が湧くと

 

私は言っています。

 

 

 

 

 

自己肯定は高揚させるのではなく

 

そこに湧き上がっている。

 

という感じです。

 

 

本来、その泉をみんな持っているもの

 

なんですね。

 

 

 

 

 

 

自分からおしゃれ(こだわり)を

 

取ったらどうなりますか?

 

 

 

私が私でなくなる?

 

 

 

本当にそう・・・?

 

 

 

 

 

何を着てても

 

どんな髪型をしていようと

 

わたしは私。

 

 

変わらないんです。

 

 

他人からは外見が変われば

 

変わって見えますけどね。

 

 

 

 

これを言うのは

 

 

過去の私が言ってることと

 

違うので、心苦しいですが^^;

 

 

 

でも言っておきますね。

 

 

 

外見(物も含め)で満たそうと思っても

 

自分の芯までは満たされません。

 

 

 

 

 

 

満たす為ではなく、

 

楽しむ為に、

 

や、

 

相手に合わせて(心の余裕)

 

おしゃれする。

 

 

おしゃれを使って

 

外見を美しく整えて

 

気分を高揚させることは

 

お勧めです。

 

 

 

でも、それと

 

自己肯定感とは関係ないので

 

切り離してたほうがよいです。

 

 

 

でも、そこんところが

 

自分ではなかなかわからないんですよね。

 

 

自分はどっちなのか・・・?

 

 

 

その為の質問は・・・・、

 

 

どうして、そんなに

 

おしゃれ(外見)にこだわるのか?

 

 

ということです。

 

 

 

 

おしゃれにかまけてないひとをみると、

 

 

どうしておしゃれしないの!?

 

 

って心の中で思ってませんか?

 

 

 

※私は思ってしまっていました。

 

そして、そんな自分がイヤでしたね。

 

だから自己肯定が埋まらなかったんですね。

 

 

 

そこにこだわるという

 

”こだわり”も一種の才能ですが、

 

どの世界にもいるかと思います。

 

怖い先生(笑

 

 

 

例えば、テレビで

 

お作法の先生が

 

 

「お箸の持ち方が汚い!っ」

 

 

と怒ってたりしてますね。

 

 

 

自分では気がついていないけど、

 

できてない人は”許せない”典型なんです。

 

 

 

 

 

”行動しないひと”が

 

気になるひとも同じです。

 

 

 

行動しないひとに対して

 

なんで行動しないの!?

 

と思うひとは

 

 

自分に対しても

 

それを許していないから。

 

なんですね。

 

 

自分が苦しい思いをしたので、

 

怒ってる訳です。

 

 

 

 

 

おしゃれを”楽しむツール”としてなら

 

お勧めです♪

 

 

 

ですが、自分の芯をそれで満たそうとしても

 

それでは満たされないのです。

 

 

 

私としては”おしゃれ”が

 

心のよりどこり

 

でもあったので

 

そこは十分わかります。

 

 

 

疲れた時の

 

止まり木っぽいものだったかな~と。

 

 

ずいぶん長いこと

 

止まっていましたが。。。^^

 

 

 

 

そこに対しては

 

今は必要でなくなったので

 

※思考が変わったので

 

 

おしゃれをしたほうがいいときに

 

おしゃれしよう♪という

 

感覚なんです^^

 

 

 

 

私にもいいし(笑

 

相手にもいいですし。

 

 

 

腹黒でしょうか。。。?(笑

 

 

 

 

ですが、

 

ちゃんと見られないといけないときに

 

変な格好してたら

 

相手が不安になりますよね。

 

 

※この前、朝学校で

スターウォーズのTシャツ来て

ニット帽かぶってゆるパン履いてたら

(いわゆるテキトーな服)

 

外国の先生に(英語)けげんな顔で見られたし(苦笑

 

 

 

 

 

で、ちゃんとしようとするときって

 

自分もそおいう風に

 

見られたいということだし。

 

 

 

 

だから、ある程度

 

相手に安心してもらっておきたい為

 

そおいうことって必要かなと思います。

 

 

 

本来は結構、軽いものなんですよね。

 

おしゃれって。

 

 

でも、何かの原因で自分の気持ちが重い

 

おしゃれに対する気持ちも

 

重くなってしまうという。

 

 

構造になっているんですね。

 

 

 

 

じっくり書いたので

 

疲れました~~~(笑

 

 

ブログでは書いてない

内容を無料で週1回お届け致します。

↓  ↓  ↓

 

メルマガ購読・解除 ID: 1674681
占いで人生が変わらない理由
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

-------------------------------------☆彡

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

 

人気ブログランキングへ