読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗がなくなる一歩の進め方

 

 

現実を見る覚悟、できてる?

できてるなら現実を見て、

納得して一歩を踏み出してみよう~。

 

 

 

 

何かを始めようと一歩進めるときに

 

現実を見てから納得して進むか、

ひとの意見に委ね、自分の心にフタをして

進むかには大きな違いが出てきます。

 

 

 

 

実際、私はフタをしていたため、

 

●頑張ってもなぜかココどまり。

●頑張ってるんだけど、なんでもう一歩、

頑張りきれないんだろう。。。?

 

 

 

と自分で自分がわからない時が

ありました。

 

 

ですが、今はなぜそのような

ことになってしまっていたかが

手に取るようにわかります。

 

 

自分でブレーキをかけていたのは

「私の時間はひとより限りがある」ということ

だったんですね。

 

 

この、

 

時間がない。

 

ということってやらないことへの

「言い訳の代表」みたいに

言われていますよね。

 

 

「言い訳するひとは

成功しない!」

 

「みんな、それを乗り越えて

成功している!」

 

 

とかなんとか、

すごい勢いで言っています。

 

 

それらの情報に自分がのみ込まれて

しまっていたんですね。

 

 

頑張ってるのにココどまり。

の時期は、そうだよな~。。。

心にうそをついていたんです。

 

 

でも、それがうまくいかない原因

だったんです。

 

 

 

 

ですが、私は私。

 

他の人の人生と私は違う。

 

 

なので、言い訳ではなく

「時間がひとより限られている」のは

 

本当のこと。それが私の現実なんだ。

 

と私は捉えるようになりました。

 

 

 

ではそこから何ができるか?

 

を考えよう!

 

それが私の人生すべてを肯定することだから。

 

 

と思い直しました。

 

 

そうしたら、どんどん新しい思考

入ってきて、今までとはひっくりかえったように

クリアな思考に変化していき、

 

自己肯定の泉が溢れ出したように

満杯になったのがわかりました。

 

 

クリアな思考=物事の両極がわかる、

探してる情報が入るのが早くなる。ので

すごい勢いで吸収したいものができるようになります。

 

 

 

 

未来に掴みたい、

掴んでる想像したらいいと、

空想の世界ばかり見るのではなく。

 

 

 

空想も素敵だけれど。

 

素敵過ぎてそこばかりに

 

どっぷり浸かってない?

 

 

ということを、もやもやしてるひとは

今一度、

考えてみてもらいたいんです。

 

 

失敗がなくなる。とは

掴みたい未来が想像すれば絶対に叶う

魔法のようなことではなくて、

 

 

途中で挫折しない、しようがない

マインドを持っているかどうかなんです。

 

 

 

等身大の自分と向き合う覚悟。

 

 

 

自分と向き合う

 

 

これは自閉症の子供を育てる

ときにも最も必要なこと。だと

思っています。

 

 

 

 

子供の現実と向き合う。

 

 

 

向き合っていないで

自分がとりたいようにとってると

間違えます。

 

 

間違えて自分の考えの愚かさを知る。

 

これも過去の私の大切な学びでした。

 

 

 

 

自分のこと、自分の人生

を自分で認められれば

 

人前で話をするのも、

今までとは違った感覚になってきます。

 

 

 

 

それは自由な心という感覚。

 

何かに囚われていない軽さ。

 

 

 

 

自分で自分を認めてないと

つらいことがあると凹み時間が長くなる。

 

 

時間は有限だから。

 

 

周りに影響されてばかりいる

自分の大事な事柄に着手できないで

いる時間が奪われてゆく

 

 

 

 

 

失敗しても自分が凹まなければ

次へ進むことが出来ます。

 

 

まず、

自分の人生()を肯定すること、

していること。

 

 

 

それが失敗がなくなる唯一の進め方なんです。

 

 

↓  ↓  ↓

 

 

うまくいく人になるためには!?

無料で週1回あなたの元にお届けします。

↓  ↓  ↓

 

メルマガ購読・解除 ID: 1674681
占いで人生が変わらない理由
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

-------------------------------------☆彡

 

 

 

 

 

 

よろしければポチっとお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

 

 

 

人気ブログランキングへ